共立美容外科のメドライト C6について。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通

シミ・そばかす・肝斑メドライト C6

メドライト C6 メドライト C6

しみ、そばかす、肝斑、色素沈着

メドライト C6

メドライト C6

メドライト C6

メドライト C6は、 QスイッチNd:YAGレーザー(ヤグレーザー)の医療機器です。メドライトシリーズは世界初の色素性皮膚疾患用QスイッチNd:YAGレーザー(ヤグレーザー)として20年以上愛されてきました。

メドライト C6はそのメドライトシリーズの技術とノウハウの結晶を受け継いだ、医療機器になります。しみ、肝斑、そばかす治療をはじめ、色素沈着、毛穴治療のレーザーとして、広く世界で利用されています。

レーザートーニングを行うこともできます。

このような方に向いています。

このような方に向いています。
  • 肝斑を治したい方
  • シミを治したい方
  • そばかすを治したい方
  • くすみを治したい方
  • 持続性が気になる方
  • ニキビ跡を治したい方
  • 炎症性色素沈着を治したい方

メラニン色素を破壊します

メラニン色素を破壊します

しみやそばかす、肝斑を消したい場合、メドライト C6のレーザーを気になる個所に照射することで治療することができます。

メドライト C6のレーザーは皮膚に照射すると、皮膚に吸収され熱エネルギーとなります。熱エネルギーは、しみやそばかす、肝斑などの要因となるメラニン色素を粉々に破壊します。

メラニン色素を破壊します

粉々に破壊されたメラニン色素は、体内の貪食細胞(どんしょくさいぼう)といわれる白血球の一種に食べられ無くなります。

つまり、メドライト C6は、レーザーの熱エネルギーによって、シミやそばかす、肝斑を破壊してなくします。

※効果には個人差があります。

レーザー機器の波長

レーザー機器の波長

メドライト C6は、しみ、肝斑、そばかすを治療する、レーザー機器の一種です。レーザー機器は、その機種によって照射する波長の長さが違います。

ルビーレーザーは694nm(ナノメートル)の波長を出し、アレキサンドライトレーザーは755nmを出します。

そして、ピコレーザー(ピコドリーム)やメドライト C6、スペクトラレーザーは、1064nmと532nmの波長をもっています。

レーザー機器の波長

メドライト C6は1064nmという長い波長と532nmという短い波長の2種類の波長を持っていますが、それぞれの波長を肌の症状によって使い分けます。

真皮、基底層、表皮

真皮、基底層、表皮

しみやそばかすは、皮下の中でそれぞれできる層が異なります。

皮下の層は皮膚表面に近い順から、一番浅い層の表皮(ひょうひ)、メラニン色素を生成するメラノサイトがある基底層(きていそう)、深い層にある真皮(しんぴ)に分かれています。

真皮、基底層、表皮

しみやそばかすなどができる層はおおよそこの画像のようになります。

年を重ねるごとに見えてくる老人性色素斑や、紫外線が原因となる日光性黒子(にっこうせいこくし)、雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれるそばかすは表皮に、肝斑は表皮から基底層に、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は基底層から真皮に、炎症後色素沈着は、表皮から真皮にかけてできます。

真皮、基底層、表皮

日焼けによるシミ(日光性黒子)、年を重ねて見えてくる老人性のシミ、雀卵斑(そばかす)、茶あざなどの皮下の浅い層(表皮)にある色素は532nmのレーザーで破壊し、肝斑、太田母斑、扁平母斑、ADMなど深い層(真皮)にある色素は1064nmのレーザーで破壊します。

また、表皮から真皮にできる色素沈着は、 532nmと1064nmのレーザーを症状に合わせて照射します。

パルス幅(レーザーの照射時間)

パルス幅(レーザーの照射時間)

レーザーには「波長」という概念の他に「パルス幅」という概念があります。パルスとは、とても短い時間の事で、レーザーを照射している時間の事を言います。

パルス幅が長いと、長い時間レーザーが照射されていて、パルス幅が短いと、レーザーを照射している時間が短いということです。

レーザーを照射している時間は「パルス・オン」といいい、レーザーが照射されていない時間は「パルス・オフ」と言います。「照射されている時間が長い」と言いましても、1秒に満たないとても短い時間です。

メドライト C6のパルス幅は6nsec

メドライト C6のパルス幅は6nsec

メドライト C6のパルス幅は、0.000000006秒と、とても短い時間にエネルギーを集中させるので、その分、強いパワーでメラニン色素を破壊することができます。

強いパワーで すが、0.000000006秒と、とても短い時間なので、痛みはほとんど感じません。

Qスイッチとは

Qスイッチとは

メドライト C6 はQスイッチヤグレーザーの機械です。Qスイッチとは、ナノ秒(10億分の1秒)単位の超短パルス(照射時間)で、瞬時に非常に高いピークパワーのレーザー光を発振させる技術の事です。

Qスイッチは、瞬時にジャイアント・パルスと呼ばれるレーザー光を放出することで、メラニン色素を瞬間的に加熱し、破壊することができます。

照射時間が長い場合に比べて、照射時間が短いとパワーを集中させることができるので、それだけ強いパワーを照射することができます。メドライト C6のレーザーでこなごなになったメラニン色素は貪食細胞によって除去されます。

ハンドピース

ハンドピース

ハンドピースは、3mmから8mmまで手元でスポットサイズを調整することが可能です。

また、ハンドピースから赤色のガイド光が出ますので、照射位置を容易に決められます。これにより、医師の狙い通りに照射でき、イメージ通りに施術できます。

レーザーの型

レーザーの型

メドライト C6のレーザーの型は、トップハット型という、レーザー光が均一に当たる型をしています。

メドライト C6はレーザー光を均一に当てることができるので、周辺組織にダメージを与えづらく、狙った個所に狙った強さでレーザー光を当てることができます。

肝斑の治療

肝斑の治療

そのため、刺激を与えすぎると逆に目立つようになってしまう肝斑の治療も、丁寧に行うことが可能です。強すぎる刺激を与えずに、肝斑の色素を破壊することができます。

肝斑とは

肝斑とは

肝斑(かんぱん)とは両頬に左右対称に広がる、もやっとしたシミ、くすみです。単純なシミ治療では、改善することができず、専用のレーザー治療とノウハウが必要です。30代になると、ほとんどの女性にみられる症状です。

肝斑の原因は女性ホルモンの変化や乾燥、摩擦、日焼けなどで見られます。肝斑とひとくくりに言っても、症状は様々ですので、お一人お一人に合わせたオーダーメイドで治療することが基本です。

レーザートーニング

レーザートーニング

メドライト C6のレーザーの型は、トップハット型という、レーザー光が均一に当たる型をしています。

メドライト C6はレーザー光を均一に当てることができるので、周辺組織にダメージを与えづらく、狙った個所に狙った強さでレーザー光を当てることができます。

毛穴や黒ずみ、ニキビ跡治療

毛穴や黒ずみ、ニキビ跡治療

メドライト C6のレーザートーニングを行うことで、気になる小鼻の黒ずみや、毛穴の開き、ファンデーションだまりも改善できます。また、ニキビ痕や炎症後の色素沈着の治療も行うことができます。

背中やデコルテも適応可能

背中やデコルテも適応可能

なかなか治りづらかったデコルテや背中のシミやニキビ痕の色素沈着にも効果的です。

オプション 〜イオン導入〜

ビタミンCイオン導入

ビタミンCイオン導入

ビタミンCは肌に塗るだけではなかなか皮膚に浸透しないのでビタミンCをイオン化して小さくして肌に浸透させます。ビタミンCのイオン導入にはニキビの炎症を抑え、皮膚の再生を促す効果があります。また、美白作用もあります。

オプション 〜マッサージピール〜

マッサージピール

マッサージピール

ニキビやしみの治療を目的とし、病院でしか受けられないピーリングです。皮膚組織を一度リセットさせて、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常化させていきます。

メドライト C6の概要

料金 ■しみ取り
1箇所 ¥9,100〜¥100,000

■レーザートーニング
<顔全体>(目の近くを除く)
1回 ¥19,000
6回コース ¥100,000(約¥16,667程度/1回あたり)
10回コース ¥158,000(¥15,800/1回あたり)

<背中上部>
初回 ¥42,000
6回コース ¥223,000(約¥37,167程度/1回あたり)
10回コース ¥325,000(¥32,500/1回あたり)

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

その他の共立美容外科の取り組み

共立美容外科の取り組み

共立美容外科では、患者様が通いやすいような各院の立地選びから、リラックスして院内で過ごしていただくための環境作りを始めとして、患者様にご満足いただけるようなサービスや、技術の向上に力を入れております。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、辻 奈央医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の新妻 克宜医師、野本 俊一医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、外崎 麻里医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師、宮田 洋佑医師、島田 茂孝医師、日本脳神経外科学会専門医の帯包 雄次郎医師などによって監修されています。

お肌のメニュー

共立美容外科で受けられるシミ・そばかすの施術

共立美容外科

共立美容外科|肝斑治療 メドライト C6のページをご覧の皆様へ

このページでは、肝斑やシミ治療に使われるメドライト C6についてご確認頂けます。共立美容外科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に24院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。